国府地区のプール

平成20年の夏から生沢プールの廃止に伴い、国府地区の子ども達にとって身近に楽しむことが出来るプールがなくなりました。

町は平成20年5月9日「第1回学校教育及び社会体育のプールに関する検討会」から新しいプールの検討を開始しています。

本年4月26日の福祉文教常任委員会では主な整備内容や平面図(案)も説明されました。

その間、伊勢原市立成瀬小学校への視察や、教育委員会での協議、社会教育委員会議での検討、国府小学校PTAへの説明、福祉文教常任委員会への報告、議員の一般質問など様々な角度から検討を積み重ね、国府小学校の校庭の一角に建設されることが決定しました。

学校プールとして授業のみに使うのではなく、生沢プールと同じように一般開放も行い、幼児用プールも併設されています。

9月1日、議会初日の補正予算案に計上し可決されれば、来年の夏、国府地区の子ども達にプールを提供することができます。

.

8月8日「福祉文教常任委員会」で、プール建設予定地を現地視察します。

Comments: コメントは受け付けていません。

Comments are closed.